心理英語の対策

心理英語の対策について

臨床心理士指定大学院の英語科目は和訳・要約・内容説明・論述問題を中心に出題されます。
和訳問題では文脈を捉えつつも、いかに自然な日本語訳になるか、に留意して訳すように注意しましょう。
和訳のコツについては弊社が発行する 英語和訳メルマガ でも演習が可能です。
 

まずは心理系英文に慣れること

臨床心理士指定大学院の英語入試の英文は、心理学に特化した英文になります。
分野もさまざまで、大学院によって傾向は変わります。

志望校の過去問は集められるだけ集めて、出題分野の傾向分析は早めに行っておくべきでしょう。

基本は大学院に在籍している教授や教員が専門とする分野から出題されることが多いです。
近年は公認心理師法も制定されたため、基礎心理学(感覚・知覚、認知、学習、社会、発達など)からの出題配分が増えている傾向があります。

したがって臨床分野の英文ばかりで練習するのではなく、基礎心理系の英文にも普段から触れておくべきです。

 
他にも心理学に関するテクニカルターム(専門用語)もよく出題されますので、大学の心理学の教科書等で心理学に関する背景知識は身に付けておく必要があるでしょう。

心理系英文では心理学のテクニカルタームをはじめ、独自の訳し方をする単語があります。
例えば subject は「主題;科目」といった意味を想起しがちですが、実験系の英文では「被験者」と訳されたりします。
これは知っていないと絶対に導き出せない訳です。

多くの心理系英文に触れて、こうした独自の訳し方をする単語も習得していく必要があるでしょう。

 
また、ついついテクニカルタームの学習ばかりに偏りがちですが、一般的な単語も大学受験レベルまでに引き上げておく必要があります。
英文はほとんどが基礎単語で構成されます。
英単語がわからなければ、英文を正しく読み解くことはできません。
大学受験用の英単語集で結構ですので、1冊きちんと仕上げておきましょう。
 

心理系英文の理解力は専門科目の知識と相関する

心理系英文は心理学の分野に関する英文なので、当然心理学の知識が増えれば背景がわかるので、読みやすくなります。

古典的条件づけとオペラント条件づけの英文があったとして、その両方の条件づけの意味を知っているのと知らないのとでは、英文の理解度が変わるのは想像に難くありませんね。

したがって、専門科目の勉強と並行して進めていくことで、心理系英文の読解力も上がっていくはずです。

 
そして、指定大学院を受験する上で一度は勉強しておきたいのが、『ヒルガードの心理学』 です。

この本の原著部分、できればサマリーの部分だけでも訳していきましょう。
この本は心理学の教科書みたいなもので、基礎分野についての解説が英文でなされています。
訳もついているので、分からない部分だけそれを見ながら、 テクニカルタームの訳を覚えていきます。

この本を読みこなすことができると、次の段階として「点数の取りやすい解答」をすることも必要になってくるので、そのときには、添削講座などを活用して第3者に和訳や論述をチェックしてもらうことをおすすめいたします。
 

実践的な心理系英文で添削指導を受けてみる

『心理系大学院 入試対策講座』では、講座のテキストには近年の入試から頻出問題に絞って心理系英文を収録しています。

基礎心理学を含め臨床心理学や統計、研究法といった英文も網羅。
もちろん、すべての問題に詳しい解答・解説がついてる上に、覚えておくべきテクニカルタームも表記しています。

過去問には解答・解説がないので、自分の解答が正解なのか、合格点レベルに達しているのかどうかわからないもの。
過去問だけでは受験勉強の幅に限界があります。

受験を経験したプロの心理士による添削指導を受けて、自分の弱点や癖を克服することができます。
志望校に向けて講座でより実践的で効率的な対策を進めてみてくださいね。
 

1週間で心理系大学院の受験対策のコツが全部わかる!

心理系大学院 7つの攻略法

「心理系大学院に行きたいけど、どうやって志望校を決めたらいいのか分からない……」
「自分のやりたい研究がなかなか決まらない……」
「心理英語と専門科目の勉強の仕方に自信がない……」

そんな声にお応えして7日間にわたる無料のメルマガ「心理系大学院の7つの攻略法」のサービスを開始しました。

心理系大学院を受験するにあたって、 おさえて欲しい「これだけは!」というポイントを 7つに厳選して絞り込みました。

このメルマガで学んだことを、ご自身の勉強法に取り入れていただければ、受験勉強がこれまで以上にはかどるのはもちろんのこと、 志望校合格までの道のりもグッと近くなるはずです。

心理系大学院の7つの攻略法のカリキュラム

1日目:その志望校大丈夫?
2日目:資料請求と研究室訪問
3日目:科目対策の123
4日目:心理英語の勉強法
5日目:専門科目の勉強法
6日目:研究計画書のはじめ方
7日目:直前期にこれだけは

この無料メルマガをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスとお名前をご登録ください。登録されたその日に、早速1つ目の攻略法をお届けしますよ。

心理系大学院の7つの攻略法 登録フォーム

心理系大学院7つの攻略法 登録フォーム
メールアドレス

 

※ご登録いただいたメールアドレス宛にメールをお届けいたします。大学院受験に役立つ英語和訳メルマガも特別に配信させていただきますので、アドレスの打ち間違えのないようにご登録くださいね。

おすすめの記事

1

1週間で心理系大学院の受験対策のコツが全部わかる! 「心理系大学院に行きたいけど、どうやって志望校を決めたらいいのか分からない……」 「自分のやりたい研究がなかなか決まらない……」 「心理英語と専門科 ...

2

心理英語の対策について 臨床心理士指定大学院の英語科目は和訳・要約・内容説明・論述問題を中心に出題されます。 和訳問題では文脈を捉えつつも、いかに自然な日本語訳になるか、に留意して訳すように注意しまし ...

3

専門科目の対策について 臨床心理士指定大学院の専門科目は、臨床、発達、社会、認知、学習、統計、研究法といった専門分野について、論述問題が出題されることがよくあります。 大学院の過去問を見ると、だいたい ...

4

私立の臨床心理士指定大学院リスト 試験科目は近年度入試を参考に付記しておりますが、年度ごとに変更する可能性がありますので、必ず募集要項や各大学院のオフィシャルサイト等であわせてご確認くださいませ。 【 ...

Copyright© 臨床心理士指定大学院受験情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.