入試科目の対策

臨床心理士指定大学院の入試科目の対策

臨床心理士指定大学院の入試で課される試験科目は、英語・専門科目・研究計画書です。

英語と専門科目は筆記試験で行われます。
研究計画書は願書と一緒に事前提出となっているところが多いようです。

この研究計画書の内容をベースに面接では質問が行われます。

面接は2次試験として英語や専門科目の1次試験を突破した人だけが受けられる場合と、全員が受けられる場合があります。
大学院によって実施方法は異なります。

ここでは英語・専門科目・研究計画書・面接(口述試験)についての勉強法を紹介していきます。

おすすめの記事

1

1週間で心理系大学院の受験対策のコツが全部わかる! 「心理系大学院に行きたいけど、どうやって志望校を決めたらいいのか分からない……」 「自分のやりたい研究がなかなか決まらない……」 「心理英語と専門科 ...

2

心理英語の対策について 臨床心理士指定大学院の英語科目は和訳・要約・内容説明・論述問題を中心に出題されます。 和訳問題では文脈を捉えつつも、いかに自然な日本語訳になるか、に留意して訳すように注意しまし ...

3

専門科目の対策について 臨床心理士指定大学院の専門科目は、臨床、発達、社会、認知、学習、統計、研究法といった専門分野について、論述問題が出題されることがよくあります。 大学院の過去問を見ると、だいたい ...

4

私立の臨床心理士指定大学院リスト 試験科目は近年度入試を参考に付記しておりますが、年度ごとに変更する可能性がありますので、必ず募集要項や各大学院のオフィシャルサイト等であわせてご確認くださいませ。 【 ...

Copyright© 臨床心理士指定大学院受験情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.