心理英語の関連書籍

ヒルガードの心理学 第16版

ヒルガードの心理学 第16版
著者:スーザン・ノーレン・ホークセマ 他
出版社:金剛出版
オススメ度:★★★★★
紹介:世界各国で出版されている『Hilgard's Introduction to Psychology』の邦訳版。心理学のあらゆる分野を網羅しています。巻末の心理用語解説もかなりの充実度で、テクニカルタームを調べたい時などに最適です。
少し値ははりますが、買って損はないぐらいの臨床心理士指定大学院の専門科目の入試対策はこの1冊あれば万全。入学後の教科書や辞書としても大いに役立ちます。

 

Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology, 16e

Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology, 16e
著者:Susan Nolen-Hoeksema 他
出版社:センゲージ・ラーニング
オススメ度:★★★★★
紹介:『ヒルガードの心理学』の原書。世界的に用いられているこの学術書は日本の多くの大学の心理学部の教科書として用いられています。英語の難易度もそれほど高くないので、邦訳版と比較しながら勉強すれば、臨床心理士指定大学院の英語入試対策として優れた力を発揮することでしょう。
また、邦訳版では著作権の関係から掲載できなかった図表も多数掲載されていますので、心理学の知識について、より専門的に理解を深めることができるでしょう。

 

心理院単

心理院単
著者:山崎有紀子
出版社:ナツメ社
オススメ度:★★★★★
紹介:心理学系の英文で使用される語句をまとめた英単語集。過去問を分析し、受験に特化した英単語のみを掲載しています。
しかも、分野別に出現頻度順に取り上げているので、優先的に覚えるべき単語が把握できます。
心理学用語だけでなく一般用語も含まれているので、入試に役立つこと間違いないでしょう。

 

大学院入試の英文法

大学院入試の英文法
著者:湯川彰浩
出版社:秀和システム
オススメ度:★★★★★
紹介:大学院入試で出題される論文形式の長文英語を正しく読み解く上で、絶対に欠かせない英文法に焦点を当てた一冊。
複雑な英文の文型を理解し、紐解くことに焦点を当てている。収録英文も多数あるので練習用として最適である。

 

おすすめの記事

1

1週間で心理系大学院の受験対策のコツが全部わかる! 「心理系大学院に行きたいけど、どうやって志望校を決めたらいいのか分からない……」 「自分のやりたい研究がなかなか決まらない……」 「心理英語と専門科 ...

2

心理英語の対策について 臨床心理士指定大学院の英語科目は和訳・要約・内容説明・論述問題を中心に出題されます。 和訳問題では文脈を捉えつつも、いかに自然な日本語訳になるか、に留意して訳すように注意しまし ...

3

専門科目の対策について 臨床心理士指定大学院の専門科目は、臨床、発達、社会、認知、学習、統計、研究法といった専門分野について、論述問題が出題されることがよくあります。 大学院の過去問を見ると、だいたい ...

4

私立の臨床心理士指定大学院リスト 試験科目は近年度入試を参考に付記しておりますが、年度ごとに変更する可能性がありますので、必ず募集要項や各大学院のオフィシャルサイト等であわせてご確認くださいませ。 【 ...

Copyright© 臨床心理士指定大学院受験情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.