佛教大学大学院 教育学研究科の受験情報

佛教大学大学院 教育学研究科 臨床心理学専攻

【2月入試】
出願期間:2018年1月9日~1月22日
試験日:2018年2月17日(筆記)、3月3日(面接)
合格発表日:3月14日

募集人数:6名
配点:筆記試験100点、口述試験4段階評価

【試験詳細】
筆記試験:専門科目は「臨床心理学」「発達心理学」「研究法」などの分野から出題。※英語は指定辞書の貸与あり
口述試験:筆記試験の合格者のみ

【過去問の傾向】
佛教大学大学院の過去問では、専門科目のみだが、その中には英語問題も含まれている。
英語問題は和訳や説明問題で構成されており、基礎心理学や臨床心理学をテーマとした英文が出題されている。

専門科目はグラフから実験結果を読み取る問題、イラストなどを見てその心理状態を推察する問題などが毎年のように出題されている。

例:次の絵を見て、子どもの発達的特徴について考えられることを書きなさい。

奇特な内容を問う問題は出題されないが、単純な語句説明問題ではないので、語句やアプローチだけを覚えるのではなく、心理臨床の現場で一般的にどのような意味を持ち、用いられているかも含めて勉強しておく必要があるだろう。

心理系大学院合格の秘訣は無料メルマガで

心理系大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士や公認心理師を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。




心理系大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

心理系大学院の入試問題に完全対応した通信講座

心理系大学院 入試対策講座

心理系大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

講座の詳細は「心理系大学院 入試対策講座」をご覧ください。