臨床心理士の仕事の種類

臨床心理士の資格を取得すると、次のような仕事に就くチャンスに恵まれます。

病院やクリニックで心理療法を行う、スクールカウンセラーとして学校に派遣される、産業カウンセラーとして企業に派遣され、労働者の相談に乗ったりもします。
他にも、近年では幼稚園や保育所で心理相談を受け持ったり、警察署の相談窓口で被害者の心のケアに従事することもあります。

以下では代表的な仕事の特徴を紹介します。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、平成7年度に文部省(現在は文部科学省)の「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」によって、公立学校への配置が始まりました。
その後、平成13年度からは文部科学省による「スクールカウンセラー活用事業補助」のもと、本格的にスクールカウンセラー制度がスタートしました。
仕事内容としては、児童生徒へのカウンセリング、カウンセリング等に関する教職員および保護者に対する助言・援助児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供、などが挙げられます。
スクールカウンセラーとは、学校という組織において、生徒、教員、保護者に対して心理的アプローチを行う仕事です。

産業カウンセラー

現代社会で働いている人によって、それぞれの仕事に対する考え方があったり、臨床心理士の仕事 また、働いている形態がだんだん多様化してきています。
そのような環境においては雇用に対する不安やストレスが増大していく傾向があります。
例えば職場におけるストレスのせいで、会社を休みがちになったり辞めてしまう社員が増えてきているため、企業の相談室に派遣して、事前に相談を受ける仕事になります。
また、個人それぞれの特徴をアセスメントしながら、どのようなサポートを行っていくことが、個人にとって、また企業の生産性の向上にとってベターなのかを考えていく仕事になります。

病院・クリニックでの勤務

病院やクリニックで勤務する臨床心理士の場合、勤務するところのニーズに沿った動きが求められます。
精神科や心療内科、小児科などで勤務することが多いようです。
仕事の内容としては、心理検査の依頼が多く、いわゆる「テスター」として勤務することもありますし、心理療法をしっかり行っている医療現場では、1対1のカウンセリングをたくさん行うこともあるでしょう。
また、デイケアなどのリハビリテーション的側面を重視している医療現場では、それを支えるスタッフの一員として、他の専門職の方々とともに仕事をしていくこともあります。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。