臨床心理士とは専門性と信頼性の高い心理系資格

学校や職場において現代の人々はストレスの多い環境に身を置いているため、うつ病、いじめ、虐待といったメンタル面の悩みが原因による問題が急増しています。

そうした状況を事前に防ぐために社会的ニーズが高まっているのが、「こころのお医者さん」こと、臨床心理士なのです。

カウンセリングや心理療法を専門とする職業には民間資格を含め複数ありますが、臨床心理士はその中でも指定された大学院を卒業した人だけが、受験し取得できる資格のため、最も知名度が高く、かつ専門性が高い資格として認識されています。

産業カウンセラー、スクールカウンセラーなど、心理系資格を活かした活躍の場は年々増えてきていますが、そうした職に就くための条件として、臨床心理士資格が挙げられることが多いことからも、その信頼性の高さがうかがえるでしょう。

臨床心理士とは

臨床心理士になる方法

臨床心理士になるためには毎年秋に実施される臨床心理士資格試験に合格する必要があります。
試験は筆記の一次試験と口述面接の二次試験が実施されます。
ちなみに、一次試験は筆記試験は100題の設問(多肢選択法、マークシート方式)と定められた字数の範囲内で論述する小論文です。合格率も6割以上とそれほど難しい試験ではありません。

しかし、この資格試験を受験するためには、日本臨床心理士資格認定協会が認定した臨床心理士指定大学院を卒業しなければならないのです。
つまり、大学院で2年間しっかりと臨床心理学について勉強してはじめて臨床心理士の資格試験を受けるチャンスが与えられるわけです。

こうしたきちんとした過程を経るからこそ、数あるカウンセリング系の資格の中でも、臨床心理士が最も信頼されているのです。臨床心理士指定大学院に受験するためには、一部の例外をのぞき大学を卒業していなければなりません。

大学での学部は心理学部である必要はありませんが、試験では英語、専門科目共に心理学に関する知識が問われるため、他学部出身の場合はそれなりの準備をしていく必要があります。

臨床心理士になるメリット

臨床心理士はその経緯から、心理系の資格の中でも最も信頼度は高いです。
ですから、これだけ信頼されている資格を取得できれば、他の民間のカウンセラー資格などよりも就職において優遇されることは間違いありません。


臨床心理士以外の「心理士」という名のつく資格を取得しても、仕事の求人はほとんどないのが現実です。

「こころを扱う仕事をしたい!」

と思っていても、臨床心理士以外はほとんど仕事に就いて活躍できていないのが現状であると理解してください。


年々、臨床心理士のニーズは増え、働き口も増加してきています。この資格は、医療機関、福祉施設をはじめとする幅広い職種の就職・転職に有利なだけではなく、結婚や出産を機に仕事を辞めた方の再就職にも大きなプラスになります。

最初は病院や学校に派遣という形でスタートすることが多いですが、個人の実績次第で大手企業のカウンセラーを担当したり、クリニックで心理ケアを任されたり、とさまざまな可能性を秘めていることは確かです。

採用側も育成というよりは、即戦力として求人を出しているところがほとんどで、臨床心理士もキャリアとともに職場を変えることが多い傾向にあります。

そうして着実にキャリアを積んでいけば、個人・法人を問わず多くのクライアントを相手に活躍の場も広がるでしょうし、将来的には大学等の機関で教える立場になることもあるでしょう。

臨床心理士のことがよく分かるページ

臨床心理士の仕事
臨床心理士が携わる分野
臨床心理士になる方法
臨床心理士になるメリット
公認心理師について
他職種との連携

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。