愛知淑徳大学大学院 心理学研究科 心理学専攻
研究科の特色 現代は「こころ」の時代とよく言われます。科学技術が高度に発達した現代社会においては、そのなかで人はいかに生きるべきかという「人生の質・生活の質・生命の質(Quality of Life)」が問い直されるようになり、そのためにあらためて「こころ」の問題が重要視されることになっているといえるでしょう。
本研究科は、平成20年4月より、前身のコミュニケーション研究科心理学専攻を改組して独立させ、心理学単一の専攻としたもので、指導体制の強化やカリキュラムの見直しなどを行い、より充実した教育研究が行われることになりました。ただし、本専攻が人間の高次精神活動、つまり「こころ」の働きを、心理学的研究法を用いて多角的に捉える研究領域であることは、コミュニケーション研究科心理学専攻のときとまったく違いはありません。
したがって、これまでと同様に、異なる行動様式や価値観をもつ人々や社会を理解し、協調していく能力に関する諸研究を行い、教育が行われます。
臨床心理学領域は、悩みや不安などを抱えながら生きている現代の人々のさまざまな「こころ」の問題を、臨床心理学や精神病理学の立場から考察し、その早期発見と対処法を究明します。
心理学という学問を通して、現代の複雑化した社会にしっかりとかつ柔軟に対応できる、高度な知識と技術を身につけた「こころ」のスペシャリストを目指す皆さんの入学をお待ちしております。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:臨床心理学・人格心理学などから2科目選択
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 過去問申込書と返信用封筒で請求する
その他 夜間開講:あり 土日開講:なし(ただし夜間のみの就学では修了は不可)



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]