心理職に求められる業務の変化と専門職大学院の設立

臨床心理士を養成する大学院は以下の3種類に分かれます。

第1種指定校
第2種指定校
専門職大学院

現在、ほとんどの臨床心理士指定大学院が第1種指定校と第2種指定校のいずれかに分類されます。
2017年の時点で専門職大学院は6校しかありませんが

「臨床心理士の資格を取得するならば専門職大学院で学びたい」

と思う受験生は年々増えてきています。
したがって、今後、専門職大学院の数は徐々に増えていくと考えられます。

専門職大学院が設立された背景には、心理職に求められる業務の多様化と専門化、および、公認心理師資格の成立があります。

近年、心理的援助に取り組む人たちには多くのことが求められています。
現場で求められるすべての業務に対する専門的知識や技能を有するためには、数十年におよぶ年月が必要とされています。
既存の教育システムや資格制度で現状を維持することが難しく、心理職に大きな負担が生じています。

そのため、業務の多様化に焦点をあてた公認心理師、心理的援助などの専門性に特化した臨床心理士という2つの心理職が誕生しました。

「一定の専門性を有する広い公認心理師、深い知識と高度な技術を有する臨床心理士」

というイメージが近いです。

この2つの心理職の設立を受けて、教育機関である大学院も変化しています。
専門職大学院は、深い知識と高度な技術を有する臨床心理士を養成するための先駆けとして設立されました。
そのため、第1種指定校や第2種指定校と異なるところがあります。

専門職大学院の授業と資格試験

専門職大学院

臨床心理士指定大学院の専門職大学院のカリキュラムは、第1種指定校や第2種指定校と異なります。
心理学の基礎、心理療法や心理アセスメントの授業は専門職大学院でも行われますが、修士課程1年次後半から卒業までの授業に大きな違いがあります。

第1種指定校・第2種指定校では、入学して半年後から修士論文の執筆に取り組みます。研究法や統計について学び、修士課程2年次では担当教員のゼミで論文を書く生活になることがほとんどです。

しかし、専門職大学院の多くは修士論文の提出が義務ではないため、研究法や統計について深く学ぶ必要はありません。
卒業要件としてケースレポートを課している大学院もありますが、論文ではないため、執筆にそれほど時間はかかりません。

それでは、専門職大学院では1年次後半(もしくは修士課程2年次)から何をするのでしょうか?

メインは座学と実習になりますが、最大の特徴は心理学以外の関連領域に関する授業が行われることです。

例えば、福祉領域の知識を網羅する「福祉論」、学校教育に関わる法律や規則を学ぶ「学校教育論」といった講義を履修することが望まれます。
いずれの授業も、心理学とは直接的に関係ないですが、心理職として現場に出たときに求められる知識を伝えることが目的です。

専門職大学院によっては、医療・福祉、地域保健・産業、学校・教育の3分野のいずれかを選択して勉強と実習に励みます。

また、大学院の卒業後に控えている臨床心理士の資格試験においても、第1種指定校・第2種指定校と専門職大学院では違いがあります。

臨床心理士の資格試験は、1次試験の筆記と2次試験の面接(口頭試問)で構成されています。専門職大学院を卒業した場合、筆記試験が免除になります。

専門職大学院を目指すべき人たち

専門職大学院を受験する人たちのほとんどは社会人です。
その中には、大学で心理学を学んでいなかった人たち、結婚をきっかけに仕事を辞めてセカンドキャリアを模索する人たちもいます。
ただし、心理学の知識が必要となる業務に以前は従事していた経験を持っている点は共通です。

例えば

・ケースワーカーとして仕事をしている中で、精神疾患を患っている人たちに接する機会があった
・もともとは教師であり、特別支援学級の補佐を担当した経験がある
・地方公共団体で人事を担当していたが、休職者への対応に疑問を感じることがあった

といった素地が心理系の専門職大学院を志すきっかけになります。

「〇〇の分野で××のような仕事をやりたい。そのために、臨床心理士の資格が必要である」

ことが明確になっているならば、第1種・第2種指定校よりも専門職大学院を目指したほうがよいでしょう。
自分の興味に近い講義や実習が専門職大学院では行われるので、実りの多い生活を送ることができます。

言い換えると、社会人経験や心理学の知識が要求される仕事にあまり関わったことがない新卒の学生は、専門職大学院の受験に慎重になる必要があります。

「臨床心理士の資格試験で優遇される」
「論文を書かなくてよい」
「自分が苦手とする研究法や統計学の講義が少ない」

といった理由で専門職大学院を受験する人たちがいますが、筆記試験や面接を通じてこのような考えは大学院の先生方に見抜かれてしまいます。

もちろん、新卒で専門職大学院に入学している学生もいます。そのような学生の大半は、大学1~2年生のときから自分がなりたい臨床心理士の姿を明確にして、ボランティアやアルバイトで経験を補っているものです。

他の指定大学院との入試傾向の違い

第1種・第2種指定校と専門職大学院では、入試傾向に違いがあります。
上記の「授業の特徴と資格試験」でも触れましたが、専門職大学院では論文の執筆が強制ではありません。
したがって、入試では研究計画書が不要となります。

また、英語に関しても、第1種・第2種指定校よりも問題は難しくないと言われていますし、中には英語入試を課さないところもあります。

一方で

専門科目の論述試験
志望理由書


の2つは専門職大学院の入試で重視されています。

まず、専門科目に関して、問題のベースは(臨床)心理学と事例問題になります。
これは第1種・第2種指定校とほとんど変わりません。

ただし、専門職大学院の論述試験では、実務で要求される知識の定着度を小問で確認されます。
出題形式は穴埋めや語句説明がほとんどです。

例えば

・文部科学省が定めている「いじめの定義」について説明しなさい
・障害者雇用促進法では法定雇用率の下限を( ? )%としている
・任意入院・措置入院・医療保護入院の違いを簡潔に述べなさい

といった問題が出題されます。

次に、志望理由書に関して、多くの専門職大学院では「これまでの経験(経歴)」を記入する欄を設けており、第1種・第2種指定校よりも枚数が多くなります。

第1種・第2種指定校では、志望動機や興味のある分野、研究業績が重視されます。
しかし、専門職大学院では、志望動機と過去の経験のマッチングが最も合否に影響します。
もちろん、興味のある分野や研究業績も結果を判断する材料となり、志望理由書で書かれた内容と面接で試験官に伝えた内容に矛盾が生じた場合は面接で追及されます。

専門職大学院を受験したいと考えている場合、相応の事前準備と勉強が必要です。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。