臨床心理士の受験資格には、次のような項目が規定されています。


「諸外国で上記1又は2号のいずれかと同等以上の教育歴及び2年以上の心理臨床経験を有する者」


したがって、海外の大学院を修了しても、 臨床心理士資格試験を受験できる可能性はあるわけです。海外の大学院修了後2年以上の実務経験があれば 受験資格が与えられるケースもあります。詳細は臨床心理士資格認定協会に問い合わせてみましょう。