多くの臨床心理士指定大学院で課される試験は、英語、専門科目、面接(口頭試験)となります。


英語は心理系英文を用いた和訳問題が主で、要約問題や内容説明問題が出題される学校もあります。


専門科目は心理学の専門知識について、論述させる問題、テクニカルタームの語句説明問題等で構成されています。


それとは別に研究計画書の事前提出が求められます。各指定大学院で課される試験科目については全国の指定大学院情報に掲載していますので、ご参照ください。


研究計画書では、大学での卒論や、大学院で行う予定の研究内容の記入が求められます。

面接では研究計画書の内容に沿って 質問が行われる大学院が多いようです。