臨床心理士指定大学院の第1種と第2種の大きな違いは 卒業後の臨床心理士資格試験の受験資格の違いです。


第1種の指定大学院であれば、実務経験がなくとも大学院卒業後、 臨床心理士資格試験を受験することが可能ですが、第2種の指定大学院を卒業して受験するためには、 心理臨床現場で1年以上の経験を積む必要があります。


また細かな違いとして、臨床相談室の設置が義務付けられていることや、 臨床心理士有資格者の配置条件の違い等が挙げられます。


したがって、可能であれば第1種の臨床心理士指定大学院を目指した方が、より早く臨床臨心理士として活躍することができます。