実際には修正可能な大学院が多いでしょう。


研究計画書は確かに入学後の研究内容を想定して書くものですが、臨床心理士指定大学院の合格者に聞いてみると、入学後に多少なりとも内容が変わることがほとんどだということです。


入学して勉強を進めていると、それまでに思い描いていた計画と現実は違ったり、興味の対象が変わったりする、ということがあるようです。


それでは面接時には何を見ているのかというと、きちんと研究計画を立てることができるか、あなたがその研究をやる意義はあるのか、ということを見ていると考えられます。


ただし「どうせ入学後に変えることができるし…」と思って、いい加減で無謀な研究計画を立てると不合格になりますので、受験の際はその研究計画書の内容を大学院できちんとやり遂げるつもりで書き上げてください。