他学部出身の方でも臨床心理士指定大学院の受験は可能です。

しかし、他学部出身者でも、入試では専門的なことが問われますので、学部卒レベルの心理学の専門知識はご自身で学習して身に付ける必要があります。


また、大学院では修士論文を書かねばなりません。論文を書くには、心理学の基礎知識を研究法を含めてしっかり 理解しているという土台が不可欠です。


心理学部を卒業した人に比べると、勉強することは多くなるかもしれませんが、努力次第で合格することは十分可能ですので、他学部出身だからといって諦めずに、勉強を頑張ってみてください。


また、新設される公認心理師を目指すのであれば、2018年以降は大学の心理学部から入り直さないと資格試験を受験できません。