川村学園女子大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 臨床心理学領域
研究科の特色 心理学専攻は、文学部心理学科を基礎とし、その教育・研究(教育課程及び教員構成)の特色をも配慮して、臨床心理学領域、心理行動科学領域の2領域から構成される。これは学科の延長としてさらに高度の知識の修得を目指し、また独創性の豊かな研究を期待するものであり、広く社会における心理学関係の指導的役割を果たすことの可能な人材の育成を目標としている。また臨床心理学領域では、臨床心理士としての資質をはぐくむとともに、臨床現場でも充分に機能しうる人材の育成を目標としている。

「臨床心理学領域」においては、心の健康障害(適応障害や精神障害)や高齢者問題等の本質の探究及びそのために必要な測定・診断・治療・予後等の理論や技能の修得及びその実践を中心に、臨床心理士としての資質をはぐくむとともに、臨床心理士資格審査をクリアし、臨床現場でも臨床の専門家として充分に機能しうる資質を修得できるよう意図している。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:心理学に関する小論文と専門用語
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書など
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 入試広報課に電話で連絡
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]