帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻
研究科の特色 近年、さまざまな領域で心の問題が発生し、その内容も複雑化してきています。こうした中で、心の専門家である臨床心理士には、臨床現場における様々な問題に的確に対応出来る、より高度な専門性が求められるようになっています。そこで当研究科では、こうした社会のニーズに対応し、心理臨床能力の育成に重点を置いた実践的な教育を実施しています。


心理アセスメント、臨床面接、地域臨床、事例研究等を基本のカリキュラムとし、付属の「臨床心理センター」をはじめ多数の臨床実習の場を設け、次の3領域のスペシャリストを育成します。

● 学校・教育:発達障害児支援、学校における危機介入など

● 医療・福祉:精神障害者や高次脳機能障害者の支援など

● 地域保健・産業:地域住民や労働者の心の健康の支援など


当研究科修了者には、「臨床心理修士(専門職)」の学位が授与されます。また、財団法人日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士受験資格が与えられ、受験科目のうち小論文が免除されます。さらに、本学の「健康科学研究科臨床心理学専攻(博士課程)」への進学が可能です。
取得できる資格 臨床心理士指定大学院受験資格(専門職)
試験科目
  • 語学:辞書は大学より貸与
  • 専門科目:心理学
  • 口述試験
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 前年度分のみ公開 入試センター入試課に取りに行く
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]