首都大学東京大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学分野
研究科の特色 博士前期課程の臨床心理学分野は、臨床心理士養成コースとして第2種指定大学院になっています。まず臨床心理分野の大学院で重視されるのは臨床心理基礎実習と臨床心理実習でしょう。

具体的な実習は、1年目の病院実習と、小中学校などでの実習があります。病院実習では、さまざまな病理的な心の問題について実際に現場で学ぶとともに、医療職の指導の下で心理職の専門性について学びます。さらに学校実習では、実際に子どもたちの毎日の学校生活に寄り添う形で子どもたちが抱える課題やその支援について教員と共に考えてゆきます。この学校実習は単に臨床実習というだけでなく、臨床心理学研究室による地域支援としての意味もあります。

次に少し研修が積めてきて、ある程度任せられるようになったら主に子どもたちのケースを担当します。毎週金曜日の夜に行われるケースカンファレンスはその報告の場です。毎回、博士前期課程の院生のみならず後期課程の院生および助教と教員3名が出席し、院生の事例発表に対して教員それぞれの専門性を活かした幅広い見方で様々な角度から検討を行なっています。


このように実践づけの毎日ですが実証研究の面も重視しています。これは単に数値による研究を行うという意味ではなく、臨床現場で起こっていることを記録し、それを元にして何が起こっているのかという見立てをたて、また実践していくという心理臨床の活動は、まさに仮説を立て検証していくという実証研究そのものと考え られます。何を研究テーマに選ぶかは院生それぞれの個人的な意志を尊重しますが、研究者であるという自覚を持って、ユニークな視点で自主的に臨床研究に取り組んでいただきたいと思います。
取得できる資格 第2種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語I、英語II
  • 専門科目:基礎知識・論文
  • 口述試験
  • 提出物:卒論、またはそれに代わるもの
入試説明会 実施していない
過去問の入手方法 大学院事務室にて閲覧・コピー可
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]