専修大学大学院 文学研究科 心理学専攻 臨床心理学領域
研究科の特色 心理学専攻が設置されたそもそもの目的は、(1)前期(修士)―後期(博士)課程を経て、大学などの高等教育機関で専門研究者となるものを養成することと、(2)前期課程を経て、臨床心理学の領域における資格取得を目指すものが、実務・応用に耐えうる深化した基礎知識と技能を涵養すること、の二点にありました。心理学専攻では、この二つの目的を実現するために必要な教員体制の確立とカリキュラムの整備、そして教育環境の充実に向けて年々努力を傾注しています。

現在、心理学専攻は基礎・社会・発達・臨床の四つの領域から構成されています。各領域に片寄りなく専門家が配されていて、院生のさまざまな志向に応じた個別性の高い指導が可能になっています。

心理学専攻には、大学院創設当初から基礎・社会・発達領域の院生教育のために、最新機器を備えた各種実験室のほか、他大学に先駆けてすべてのコンピュータがネットワーク化されていて、どの実験室、実習室からでもインターネットへのアクセスが可能となっています。また臨床領域の院生教育のためには、プレイルームや行動観察室、集団面接室などが整備されていますし、臨床心理実習に欠かすことのできない心理教育相談室も付設され、活発な活動がなされています。平成9(1997)年度以降、(財)日本臨床心理士資格認定協会による大学院指定制度で第一種指定校ともなっています。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:心理学の基礎知識、臨床心理学の論述問題
  • 口述試験
  • 提出物:卒業論文やその要旨など
入試説明会 実施していない
過去問の入手方法 窓口で公開、もしくは郵送で請求
その他 夜間開講:なし 土日開講:あり



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]