ルーテル学院大学大学院 総合人間学研究科 臨床心理学専攻
研究科の特色 臨床心理学の本質は愛だと思います。愛とは心を受け入れると書きます。つまり心から自らの心を受け入れ、相手の心を受け入れ尊重しようと努力する過程が愛です。それは人間(生命)の尊厳という信念に基づいて、自他の人格生命を共に尊重しようと努力する人間尊重、生命尊重の精神にほかなりません。

今、世間には相変わらず、家庭内暴力や校内暴力、衝動殺人や自殺、引きこもり、リストラやそれに伴う不安やパニックなどさまざまな問題が渦巻いています。また世界を震撼させた同時テロや戦争など、人類の平和や幸せと矛盾する問題が続発しています。そのおおもとはすべて人間の心です。文明の進歩と裏腹に、このような中で迎えた21世紀の大きな課題だと思います。

臨床心理学は、一人ひとりの心の問題を愛と人間尊重の精神から問い直し問題解決を図る一方で、少しでも人類の幸せに貢献する道を模索し、実践するための学問でもありたいと願っています。幸い、すでに福祉の世界で大きな実績をもつ本大学院ならではの最高のスタッフが集まっています。それだけに若い皆さんに期待するところは大きく、このようなことに夢と希望を抱く人類愛に燃えた皆さんのご応募を心からお待ちしています。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:小論文
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書、学習の目的
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 入試事務局に直接問い合わせること
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]