立教大学大学院 現代心理学研究科 臨床心理学専攻
研究科の特色 認知・学習・発達など臨床心理学の基礎領域から応用実践まで、幅広い学際的視野から多角的に探究できる専攻です。
生活に根ざした深い人間理解と心理的援助の実現に向けて、心理臨床の多様なアプローチに関する実践理論と方法論についてユニークな研究・教育が行われています。

臨床心理士の受験資格が得られる第1種指定大学院であり、高度の専門性を備えた研究者、実践者を養成するために、心理臨床実習を中心に充実した教育訓練システムが準備されています。

子どもや青年期の発達、それに家族、学校、職場などを対象とした心理臨床実践のための理論モデルは多種多様です。精神分析やイメージ・芸術療法、コミュニティ・アプローチ、応用行動分析、それに精神医学など多彩な切り口からアプローチが試みられ、互いに刺激し合い、協働して現実課題に取り組み研究を発展させていきます。大学院学生もこれに積極的に参加し、授業の他にコミュニティ活動に加わったり、クリニックや病院での実習、学校ではメンタルフレンドとして生徒の輪に入って行動するといった経験も、臨床心理学研究の貴重な体験となります。こうしてさまざまな研究会での議論や担当教員の指導・助言を踏まえながら、柔軟な発想から独創的な研究を進めていきます。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語(用語辞典・電子辞書以外の語学辞書1冊の持ち込み使用可)
  • 専門科目:心理学
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書
入試説明会 実施していない
過去問の入手方法 前年度分のみ公開 郵送対応あり
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]