東洋英和女学院大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻 臨床心理学領域
研究科の特色 心理学的な対人援助に関する教育研究のために、臨床心理学領域が設けられている。附属の心理相談室助手を含め、臨床心理士資格を持つ8名の専任教員は、他の人間科学領域専任教員と非常勤教員の協力を得て、臨床心理学の教育と研究に取り組んでいる。また、日本臨床心理士資格認定協会による「臨床心理士」試験受験資格取得のための第1種大学院の指定を受けており、 所定の資格課程科目を修得することによって、修士課程修了後、インターンなしに「臨床心理士」資格試験を受験することが出来る。これは、高度専門職業人の育成という本研究科の目的を具体化するものである。授業は、平日の夜間と土曜日の他に、一部は平日(木曜)昼間にある。その他の曜日の昼間に、大学病院等での学外実習が行なわれる。

具体的には、次のようなことが特色及び留意点としてあげられる。

1.本領域の専任教員は、心理査定では投影法の専門家、心理療法では力動的精神療法を中心とする専門家であり、ライフサイクル上でも子どもから高齢者に至るまで、あるいは、医療臨床・教育臨床・産業臨床など、広範囲の援助対象をカバーしている。また、とりわけ臨床実習教育が充実した大学院として、評価されている。

2.附属の心理相談室では来談者が多く、実習教育のための『心理相談室紀要』が充実している。そこでの心理臨床活動が義務とされ、各自が継続面接のケースを担当するように指導される。また、学生には紀要論文の投稿が求められる。

3.毎週木曜日には、15:20から20:00まで必修の授業が行なわれる、この間の17:10から20:00までのケースカンファレンスへの出席が修士課程および博士後期課程の学生に義務づけられている。

4.毎週1日、平日の昼間を利用した学外諸施設での臨床実習が修士1年および2年を通じて義務となる。実習施設に対する謝礼等の実習費として、年間30,000円を徴収する。

5.心理査定と心理療法に関する、学外での個人スーパーヴィジョン(自己負担)が重視される。

6.学生の自主的な研究活動を奨励しており、教員の援助を得て、「臨床ロールシャッハ研究会」「ユング分析心理学研究会」「箱庭療法・コラージュ療法研究会」「遊戯療法研究会」等の諸活動が活発である。

7.本学院生と修了者、さらには他大学院生とが交流する研究会を、特別講師を国内外から呼んで定期的に開催している。

8.臨床研究をさらに進め、臨床心理士の中の指導者となる者を育成するために、博士後期課程を設置しており、修士課程教育が博士後期課程の教育研究に接続されている。ケースカンファレンスの運営を博士後期課程学生が担当するなど、修士課程学生と博士後期課程学生との協力的な関係が成立している。

取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:臨床心理学領域に関する問題
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 大学院のサイトで公開(ただし英語は公開していない)

著作権の関係で見られないものは、窓口閲覧可能。コピーは不可、ノートは可能
その他 夜間開講:あり 土日開講:あり



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]