東京成徳大学大学院 心理学研究科 臨床心理学分野
研究科の特色 心理学研究科の第一の目的は、「心の専門家」の育成です。それは、臨床心理学、発達心理学、教育心理学、人格心理学などの学問的知識と技術を基盤とした科学的で実践的な「心の専門家」のことです。修了後、即戦力として社会に受け入れられることを目標としています。そのため、本学教員をスーパーバイザーとし、学外の他の機関の協力も得ながら、実習に重点を置いた人材の養成を行っています。実習はすべて必修です。主に1年次で必要な単位を修得し、2年次は実習と修士論文の作成にあてることにしています。

少人数制であるため、フォロー体制も万全です。修士論文の作成にあたっては、学生1人に対して、指導教員・副指導教員の2名による指導を行っています。社会人にも門戸を開いていることから、昼間だけでなく、夜間にも履修することができます。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書
入試説明会 実施していない
過去問の入手方法 入試課に請求、もしくは窓口で閲覧可
その他 夜間開講:あり 土日開講:あり



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]