聖心女子大学大学院 文学研究科 人間科学専攻 臨床心理学研究領域
研究科の特色 臨床心理学研究領域では発達の病理やそこからの回復とその援助について、理論的学習に加えて、臨床心理査定や面接の技法について学内、学外での実習を通して学ぶ。また、本学に設置されている心理教育相談所でも実践的な体験をする。この領域は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会より臨床心理士養成大学院指定コース(第2種)として認可されている。

本専攻(心理学分野)のカリキュラム構成は、「人間科学基礎論」を履修すること、また専門領域以外の履修を求められることなど、いずれかの領域で専門性を深めるとしても、他領域について学ぶように意図されている。他の領域についても学び広い視野を獲得することができ、そのような知見を自分の専門領域の理解を深めていくために利用できることが、本専攻(心理学分野)の教育課程の特長であろう。すなわち、時代の要求に応えうる知識技術を修得した心理学および心理学的基礎を有するエキスパートの育成を目指している。修了後は、クリニック・教育相談機関などに臨床心理士として勤務すること、さらに博士後期課程に進学することなどが期待される。
取得できる資格 第2種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書、卒論またはそれに代わるもの
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 進学相談会での配布、受付窓口にて配布
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]