白百合女子大学大学院 文学研究科 発達心理学専攻 発達臨床心理学コース
研究科の特色 発達心理学専攻では、乳幼児期から児童期、青年期、成人期、老年期にわたる人間の心と行動を、生涯発達的および比較文化的視点、また臨床的観点から研究・指導しています。

修士課程(2年)・博士課程(3年)で、高度な研究能力と専門的職業能力の育成をめざしています。とくに発達臨床の実践的・教育的フィールドとして、発達臨床センターが設置されており、理論的実証的な研究を基礎に、さまざまな障害の相談・診断・治療教育・親のカウンセリングなどに実績をあげています。 院生は臨床実習の場としてセンターの活動に参加します。

修士課程は「発達心理学コース」と「発達臨床心理学コース」の2コース制となっています。

「発達臨床心理学コース」は日本臨床心理士資格認定協会より第一種大学院の指定を受けている臨床心理学に特化したコースです。修士課程修了と同時に臨床心理士受験資格が得られます。

「発達心理学コース」は研究ばかりでなく発達臨床の実習の機会も与えられており、臨床発達心理士などの受験資格が得られるようなカリキュラムが組まれております。

修士課程での学習・研究を博士課程でさらに深め、学位を取得して大学や短大で教育・研究職として活躍している卒業生が数多く出ています。

なお、上智大学、聖心女子大学、清泉女子大学、日本女子大学などと心理学関係の講義の単位互換制度も整っており、さらに幅広く学ぶこともできます。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:発達心理学、臨床心理学、一般心理学
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書、志望理由書、卒業論文要旨など
入試説明会 研究室訪問を個別に受け付けている
過去問の入手方法 郵送にて対応もしくは募集要項に同封
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]