駒沢女子大学大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻
研究科の特色 現代の日本では、現実の社会にうまく対応できずに悩む人々、自分の存在理由を自分自身で見出せずに苦しむ人々、実際に心の病に陥る人々が増加しているといわれています。現代生活には人との関わりにおいて多くのストレスが存在し、深刻な心理的問題が報告されています。このような状況に対処するには、経済的・社会的生活諸条件の整備が必要であることはいうまでもありません。しかし、それ以上に重要なことは、一人ひとりの人間のすさんだ心のケアという地道な努力であり、そのような仕事に携わる心の専門家の養成です。

本専攻はそのような要請にこたえるために、2003年4月、人文科学研究科に設置されました。臨床心理学に関する学問的探究はもとより、基礎実習や査定演習のほか、人格心理学、異常心理学、認知心理学、精神医学、家族心理学など、あらゆる分野の科目を学び、高度な専門知識を習得します。授業形態は講義中心よりも、「演習」と「実習」を重視し、臨床心理学への精深な学識を持つとともに、広い視野に立って人々の心のケアに携わる心理臨床を目指す専門家を育てます。心理学専攻の学生や社会人はいうまでもなく、心理学以外の専門分野を履修した学生や社会人にも入学の門戸が開かれています。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:心理学および臨床心理学の基礎知識
  • 口述試験
  • 提出物:卒業論文の概要(ただし卒業論文を書かなかった者は、それに代わる研究の概要[2,000字程度])・大学院入学後の研究テーマ[800字程度]・成績証明書等
入試説明会 オープンキャンパスを実施している
過去問の入手方法 入試課にお問い合わせください
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]