東京学芸大学大学院 教育学研究科 学校心理専攻 臨床心理コース
研究科の特色 学校心理専攻を担当するスタッフは、教育心理学講座,教育実践研究支援センター、保健管理センター、国際教育センターの教員で構成され、授業と論文指導、または授業を担当している。学校心理専攻は、学校心理コースと臨床心理コースからなる。

学生は、各コースを担当する教員の中から自らの専門内容によって主指導教員を決め、研究指導と生活指導を受ける。

授業履修にあたっては、所属するコースに開設されている科目の中から履修する。また、研究の必要に応じて他コース、他専攻の授業科目を履修することもできる(ただし,科目によっては履修制限あり)。履修科目の登録の際には、主指導教員の履修指導を受けることが必要である。

臨床心理コースは、教育臨床・カウンセリング・生涯臨床・障害臨床・発達心理などの専門分野からなる。
取得できる資格 第2種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:学校心理専攻共通科目・臨床心理専門
  • 面接
  • 提出物:研究計画書・研究業績書
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 東京学芸大学附属図書館にて閲覧可能
その他 夜間開講:あり 土日開講:なし
[freeseminar]