上越教育大学大学院 学校教育研究科 学校教育専攻 臨床心理学コース
研究科の特色 臨床心理学コースでは、広く子どもから大人までの”こころ”と”行動”の問題に専門的に対処し、クライエントが抱える悩みをやわらげ、”こころ”の健康を維持・回復するための理論と方法を追及します。
学校や教育現場で、教育相談や生徒指導に臨床心理学的な知識や技能を活用できる教員や、医療、福祉、教育、司法、産業分野などで臨床心理学の専門家として活躍できる人材の育成をめざしています。
クライエントに生じる様々な”こころ”の問題への理解を深めるとともに、それらの問題に対処するための臨床心理学と各種心理療法についての専門科目を開講しています。また、心理教育相談室を併設し、心理療法や教育相談等に必要な実践的な知識と技能を修得するための数々の実習プログラムを用意しています。
臨床心理学に関する基礎的および応用的な研究を推進するための支援体制も充実しており、研究方法の基礎から学び、次第に臨床的な応用研究の方法を習得できる教育課程を編成しています。
心理学基礎科目を踏まえて臨床心理学の応用科目を重点的に履修します。ここでは、臨床心理学の専門教員のスーパービジョンを受けながら、実際の心理相談場面での研修を行う「臨床心理基礎実習Ⅰ・Ⅱ」、「臨床心理実習A・B」を中心に、体系的で密度の濃い教育を行います。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 語学:英語
  • 専門科目:心理学一般および臨床心理学の問題
  • 口述試験
  • 提出物:研究希望等調書
入試説明会 実施している
過去問の入手方法 ホームページもしくは附属図書館で閲覧可能
その他 夜間開講:なし 土日開講:なし



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]