仁愛大学大学院 人間学研究科 心理学専攻 臨床心理コース
研究科の特色 地域の社会環境の変化に対応できる課題提起型の教育・研究を推進します。1年次から実習や演習を豊富に取り入れたカリキュラムを用意しました。社会組織・人間関係の先端的問題を掘り起こし、その解決に向けた教育・研究を推進し、教育現場におけるいじめや不登校の解消、生活の質を向上させる福祉の実現、産業社会で発生している人間関係を巡るトラブルを解消できる人材を育成します。

教育・学校、医療・福祉、産業・組織の各領域に即応した教育・研究を展開
臨床心理の専門家の中でも、社会が特に求めている教育・学校、医療・福祉、産業・組織の各領域を修了後の主な活動分野として、事例研究、調査研究、実習を中心に臨床心理に関わる実践的研究を行い、これらの分野において必要な面接相談、心理療法、心理査定等、高度な専門的知識の修得と技能の育成を目指します。

スーパーバイザー制度の導入
臨床心理士を目指す学生は、正規の授業とは別に、本学独自のスーパービジョン・プログラムを履修することが必要です。このプログラムは、本学がスーパーバイザーとして依頼する豊富な実務経験を持つ学外の心理臨床の専門家(臨床心理士や精神科医)から指導を受けるシステムになっています。一対一で自己の分析を受けながら、カウンセリングの方法等に関する指導やアドバイスを受けることが義務づけられます。このスーパービジョンに関する経費は、学生の個人負担となりますが、その一部は本学が負担します。

ワークショップ方式の導入
心理療法演習等では、関連領域で活躍する実務者からプレゼンテーションを得て、さまざまな討議を進めるワークショップ方式による実践的演習を取り入れます。
取得できる資格 第1種 臨床心理士指定大学院受験資格
試験科目
  • 英語
  • 専門科目
  • 口述試験
  • 提出物:研究計画書
入試説明会 実施していない
過去問の入手方法 入試課にお問い合わせのこと
その他 夜間開講:あり 土日開講:あり(ただし土日のみの就学では修了は不可)



[pc-mieru]

[/pc-mieru]

[freeseminar]