受験対策の最初のステップとして何をすべきか?

志望校を決めて、過去問を請求する

「臨床心理士になりたい」と思ったらまずすべきことは、志望校を決めることです。
大学院は大学と違い、偏差値や有名校だからという理由で選んではいけません。
あなたが大学院に入って2年間かけてやりたい研究と近い研究に携わっている教授のいる大学院を選ぶようにしましょう。
もちろん、地理的理由や経済的理由から自宅から通学可能な範囲でしか探せないということもあるでしょう。
ですが、その際もできるだけ自分のやりたい研究に近い教員のいる臨床心理士指定大学院を探しましょう。


そして、志望校がいくつか絞られてきたら、次は過去問を請求します。
大学院によって、募集要項と一緒に送られてきたり、郵送での請求をする必要があったり、入試課の窓口でしか公開していない場合などさまざまです。
過去問を入手したら、まずはどんな問題が出題されているかを調査してみましょう。
最初は解答できなくても大丈夫です。大事なのは志望校の傾向を知ることです。


心理学は範囲がとても広いので、すべてを網羅するのは非効率ですし不可能です。
もちろん臨床心理士指定大学院を目指す上で最低限押さえておくべき項目はあります。
しかし、志望校の過去問を調べることで、集中して勉強すべき分野をある程度絞ることができます。
ここまでが大学院入試に向けた第一歩となります。

概論書で心理学の基礎知識を身につける

志望校の過去問を請求して、傾向分析が終わったら、次に心理学について勉強していきます。


大学で心理学部で基礎を勉強してきた方なら、この手順は省略してもらっても構いません。
ですが、他学部出身の初学者の方は、心理学の基礎から勉強していく必要があります。


まずは、大学の一般的な心理学の授業で使われているような、心理学の概論書で心理学の世界を広く浅く勉強していきましょう。
一度ですべて覚えようとしなくても大丈夫です。何度か読んでいくうちに自然と頭に入ってくるでしょうし、最初は通読するだけで十分です。


心理学の概論書としておすすめするのが以下の2冊です。
『心理学 第5版』(東京大学出版会)
『心理学』(有斐閣)


公認心理師法が施行されることにより、臨床心理士指定大学院でも基礎心理学の分野があらためて重要視される可能性が高くなりました。
そのため、臨床に限らず、学習、社会、発達、認知といった基礎心理学の分野や、統計・研究法といった分野から入試問題として問われることが多くなると予想されます。
この2冊どちらか一方だけで構いませんので、心理学の概論書を読んで、臨床だけでなく基礎心理学も含めて、心理学の幅広い知識を身に付けてください。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。