臨床心理士指定大学院の専門科目入試

臨床心理士指定大学院の専門科目入試では心理学用語の説明問題論述問題が出題されます。

説明問題については、語句の定義を200字以内で述べる問題がほとんどなので、きちんと語句の意味を理解できていれば、それほど難しくはないでしょう。もちろん心理学の知識がないと解答することはできません。
むしろ受験生を悩ませているのは、論述問題です。

600字や800字、ときに1000字レベルの問題で論述させる問題が出題されることがあります。

実際の入試では以下のような問題が出題されます。

「心理療法における構造とはどのようなものか説明しなさい。さらに、心理療法で構造の果たす役割やその意義について論じなさい」

「心理尺度を用いた調査研究方法の長所と短所について論じなさい」

このように、複数の語句の定義、アプローチ、意義、長所、短所といった関連づけた理解ができていないと、字数の多い論述問題に太刀打ちできません。

心理学の概論書からはじめる

特に初学者は心理学の何から勉強していいかが分からないことでしょう。
最初は大学の心理学の授業で使われるような、心理学の概論書から読みはじめてください。そして、心理学について広く浅く理解していきましょう。最初の1回ですべてを理解する必要はありません。
必要に応じて何回か読み直すことになりますから、その都度覚えていけばいいのです。

こうした心理学の基礎知識を身につけたら、専門書で各分野についての知識を深めていけばいいでしょう。
ただし、心理学の範囲は幅広いので、すべてを網羅することは不可能です。志望校の過去問を取り寄せて、これまでの出題傾向を調べてみましょう。過去問でよく出題されている範囲を重点的に勉強していくようにしましょう。

論述には正しい書き方がある

200字程度までの語句説明問題であれば、その語句が示す定義を書けば字数は埋まります。

しかし、600字以上レベルの論述問題となると話は別です。
論述はただ説明を書けばいいわけではなく、「論」という1つの道筋に沿って解答を書く必要があります。
高校生の頃に小論文をかじった方なら、小論文が単なる作文とは違うことをご存じでしょう。小論文を起承転結の流れに沿って書いたように、論述も序論、本論、結論という流れを意識して、段落を構成し、文章を作成しなくてはいけません。

これができていないと、ただ知識を詰め込んでも合格点には届きません。
また、字数が増えると、同じようなことを繰り返して述べる解答が散見されますが、もちろんこのような解答も知識の薄さが露呈しますので、大幅に減点されることは間違いありません。

まずは大学院入試で求められる「論述の正しい書き方」を学びます。次に自分の作成した論述を正しい解答と見比べたり、第三者にチェックしてもらうといいでしょう。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。