臨床心理士指定大学院の英語入試

臨床心理士指定大学院の英語入試では心理系の英文が出題されます。心理系の英文を読解した上で、和訳、要約、時に説明問題が課されます。問題のほとんどが和訳問題で構成されています。

大学院入試の英文を正しく読解するには、単語力と文法の知識が欠かせません。さらに、和訳問題は英文の構文、修飾関係、英文法、単語をきちんと押さえないと、合格点をもらえる訳を作成することはできません。
分からないところをごまかすかのように意訳しても、採点官から見たら理解しているか否かは一目瞭然ですから、大きく減点されるだけです。

心理学の背景知識が重要

心理系の英文は一般的な人文社会系の英文を読むのとは違い、その背景知識があるかどうかで読みやすさも変わってきます。
例えば、自閉症に関する英文だとしたら、自閉症をはじとする発達障害の知識がないと、何について書かれているか分からないことでしょう。したがって、専門科目の勉強と並行して進めていくと、心理系英文も次第に読めるようになるはずです。
また、認知や学習といった分野をはじめとする基礎心理学の実験に関する英文もよく出題されますので、概論書等でまとめられている基本的な実験は押さえておきたいところです。

心理学のテクニカルターム

心理系英文を読解する上で欠かせないのが、心理学の専門用語、つまりテクニカルタームを覚えておく必要があります。
例えば、うつ病は depression という単語で表されます。depression には「下降;落ち込み;不況」といったさまざまな意味がありますが、心理系英文では「うつ病」の意味で用いられます。
また、subject や behavior など一般的な単語でも、心理系英文では独特な訳し方をするものも少なくありません。
心理学のテクニカルタームは専用の単語集や、過去問から抽出してノートにまとめるなどして、コツコツと覚えていくようにしましょう。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。