臨床心理士指定大学院の英語入試

臨床心理士指定大学院の英語入試では心理系の英文が出題されます。心理系の英文を読解した上で、和訳、要約、時に説明問題が課されます。問題のほとんどが和訳問題で構成されています。

大学院入試の英文を正しく読解するには、単語力と文法の知識が欠かせません。さらに、和訳問題は英文の構文、修飾関係、英文法、単語をきちんと押さえないと、合格点をもらえる訳を作成することはできません。
分からないところをごまかすかのように意訳しても、採点官から見たら理解しているか否かは一目瞭然ですから、大きく減点されるだけです。

心理系英文の特徴

心理英語

臨床心理士指定大学院の英語入試では心理系英文が出題されます。
心理系英文を読解した上で、和訳、要約、時に説明問題が課されます。

大学院入試の英文を正しく読解するには、単語力と文法の知識が欠かせません。

英語の勉強法に関して

「とりあえず、大学入試で使った単語帳の英単語を覚えよう」
「文法事項を基礎から確認しよう」

と考える受験生は多いです。

いわゆる高校・大学受験と似ている勉強法が間違っているわけではありません。
実際、和訳問題は英文の構文、修飾関係、英文法、単語をきちんと押さえないと、合格点をもらえる訳を作成することはできません。
ただ、心理系英文をきちんと読むことを考えると、これらの勉強法だけで入試を突破することは難しいと言えるでしょう。

心理系英文には

・人間の特性を導き出すための実験について説明する
・心理学で用いられている理論や概念の由来について専門用語を交えながら述べる


といった特徴があります。心理系英文を読んで「論文みたい」「参考書やテキストに載っていることがそのまま英文になっている」「実験レポートのようだ」と感じる人が多いです。

最初は、多くの受験生がこの特徴に戸惑います。

「キーワードと思われる英単語が単語帳に載っていない」
「単語や文法が分かっても英文の要旨が把握できない」
「英文の構成がわかりづらくて問題を解くのに時間がかかってしまう」

といった悩みは多いですが、勉強法を見直すことでこれらの悩みは解決します。

心理学のテクニカルターム

心理系英文では、心理学の専門用語が用いられることが多々あります。
これらの用語、つまりテクニカルタームは単語帳や市販の英語テキストに記載されていないことがあり、1つ1つ覚える必要があります。

心理系英文で用いられるテクニカルタームは

・心理学のみで使われることが多いターム
・一般的に用いられる単語だが心理系英文では独特の訳し方をするターム

の2つに分けられます。

前者の代表例としては、ego や cognitive behavioral therapy などが挙げられます。
ego は「自我」、cognitive behavioral therapy は「認知行動療法」という意味です。

一方、後者では depression や control などが挙げられます。
depression には「下降;落ち込み;不況」といったさまざまな意味がありますが、心理英文では「うつ病」の意味で用いられます。
また、control は「管理する;操作する」という意味で一般的に用いられることが多いですが、心理英文では「~を統制する」と訳します。

テクニカルタームが訳せているかどうかは、入試で合否を決定づける材料となり得ます。
入試科目として英語が課される目的は「英語ができるかどうか」だけを判別することではありません。

その目的は

「英文で書かれている心理学の参考書や論文を読む能力」

が受験生に備わっているかどうかを判別することです。

つまり、テクニカルタームがきちんと訳せていない受験生は「大学院に入学しても英語で書かれているさまざまな文献をきちんと読めない」と判断されて、不合格になる可能性があります。

心理学の背景知識

心理系英文は一般的な人文社会系の英文と異なり、実験について英文中で触れている、心理学の専門用語が用いられているといった特徴があります。
そのため、心理学の背景知識があるかどうかで読みやすさも変わってきます。

例えば、自閉症に関する英文だとしたら、自閉症をはじめとする発達障害の知識の有無が英文の読みやすさを左右します。
また、(認知)行動療法に関する英文ならば、スキナーのスキナー箱、学習理論といった知識があると、英文読解がスムーズになります。

また、生理、社会といった分野をはじめとする基礎心理学に関して、概論書等でまとめられている基本的な実験は押さえておきたいところです。

公認心理師法案が成立する前は臨床心理学に関わる分野の出題頻度が高かったのですが、近頃は、一見すると臨床心理学と関りがない基礎心理学をテーマとする英文も出題されやすくなっています

心理系英文が読めるようになる効果的な勉強法

心理系英文を読みこなすためには、単語や文法といった英語そのものの学習に加えて、心理学のテクニカルタームや背景知識に関しても学習を深める必要があります。
したがって、英語と専門科目の勉強を合わせて行うことが、効率的な勉強法になります。

具体的には、心理系英文で使われているテクニカルタームを専用の単語集にまとめて心理学のテキストで調べる、心理学で用いられる概念を覚えるときに合わせて英語表記も確認するといった方法になります。

ノートへのまとめ方の具体例は、以下のようになります。

愛着(attachment):子どもと養育者との間に形成される…(言葉や概念の説明)
統合失調症(schizophrenia):幻覚や妄想といった陽性症状…

また、より効果的な勉強法として、ヒルガードの心理学を原著で読むという方法があります。

ヒルガードの心理学
ヒルガードの心理学は海外の大学で用いられるテキストであり、心理学の基礎を押さえるために多くの学生が愛用しています。
日本の大学では、日本語版の一部が用いられることが多いですが、英語で書かれている原著も日本で購入できます。
心理系英文の読解に慣れるといった意味でも、お勧めの勉強法です。

また、心理系英文に限らず、論文形式の英語を多読してください。
論文には独特の言い回しや展開の仕方があります。
入試問題はほぼすべてが論文からの抜粋ですから、論文形式の英文に慣れておけば、かなり読みやすくなります。

論文英語を扱った書籍はあまりない中で、『大学院入試の英文法』は練習問題で論文形式の英文が使われているので、英語対策としてはおすすめの一冊となります。

さらに、無料メールセミナー「臨床心理士指定大学院の7つの攻略法」でも心理英語の対策について、もっと詳しく解説していますので、ぜひご登録ください。

ポイントを押さえて勉強すれば、心理系英文は誰でも読めるようになります。
「英語は苦手だから勉強したくない」
「専門科目で点数を稼ぐつもりだから英語の勉強はそこそこでよい」
と考えている方こそ、積極的に勉強に取り組んでください。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。