初学者こそ心理学の基礎から固めていくべき

大学の心理学部から入り直すべきか否か

大学時代は心理学部ではなかった人やこれまで心理学を研究してこなかった方でも、臨床心理士指定大学院を受験することは可能ですし、合格することも可能です。現に当社の添削講座の受講者にはたくさんの初学者の方がこれまで在籍していて、志望校に合格されてきました。

ただし、心理学部からの受験生もいるわけですから、そうした受験生をライバルにして合格を勝ち取るには、人並み以上に勉強して、心理学の知識を身に付ける必要があります。

中には受験勉強に挫折して大学受験からやり直すべきかどうか迷う方もいますが、臨床心理士になるのであれば、いきなり大学院を目指した方が断然近道です。
臨床心理士は大学院を卒業したその年の臨床心理士資格試験に受験し、合格してやっとなれるもの。大学に入り直してからの大学院受験では、時間がかなりかかってしまいます。
心理学の研究者になるのであれば、大学から入り直すのも頷けますが、臨床心理士になるのが目標であれば、まっさきに大学院を目指すべきでしょう。

また、心理学部に入ったからといって、大学院入学が100%保証されるわけではありません。なぜなら、結局は大学院入試を受けることには変わりがないからです。
大学は予備校ではないので、心理学部に入っても大学院入試の対策授業をしてくれるわけではありません。心理学の知識は身につきますし、それは受験に大きく役立つものの、受験勉強はまた別の対策が必要になります。
そう考えると、大学入学からやり直すのは、時間とお金の投資のわりにリターンが少ないかもしれません。

大学院によっては、他学部からの合格者のために入学後に大学の心理学部の授業を受けることができる制度があります。授業を進めていく上で、心理学の知識でどうしても足りないところはそうした制度を利用して補強していけばいいので、まずは「大学院入試に受かるための勉強」をした方がいいでしょう。

初学者がまずすべきこととは

初学者の方は、心理学の入門書から読むようにしてください。いわゆる大学の心理学の授業で使われているような教科書で、心理学について広く浅く学びましょう。そうして心理学の基礎のキソを習得していきます。特に基礎心理学の分野の知識は、入門書を読むだけでもかなりカバーできるはずです。

もちろん、専門科目の論述問題を解答したり、研究計画書を作成するには、入門書からさらに踏み込んだ専門書が必要になります。しかし、それは入門書で基礎の土台を築いてからの話。
初学者の方は、何よりもまず、心理学の入門書を1冊読み込み、心理学という学問の扉を開けることから始めてみましょう。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。