入試対策に役立つ専門科目書籍

臨床心理士指定大学院の専門科目入試の対策として役立つ書籍や参考書を紹介しています。

ヒルガードの心理学

著者:リタ・L アトキンソン 他
出版社:金剛出版
価格:¥23,760
オススメ度:★★★★★
紹介:世界各国で出版されている Hilgard’s Introduction to Psychology の邦訳版。心理学のあらゆる分野を網羅しています。巻末の心理用語解説もかなりの充実度で、テクニカルタームを調べたい時などに最適です。少し値ははりますが、買って損はないぐらいの臨床心理士指定大学院の専門科目の入試対策はこの1冊あれば万全。入学後の教科書や辞書としても大いに役立ちます。コンテンツは次の通りです。
第1部:人間と科学的努力としての心理学
第2部:生物学的・発達過程 
第3部:意識と知覚
第4部:学習、記憶、思考
第5部:動機づけと感情 
第6部:人格と個性
第7部:ストレス、精神病理、治療
第8部:社会的行動


心理学辞典

出版社:有斐閣
価格:¥7,344
オススメ度:★★★★★
紹介:心理学の全領域に関する用語や人名の解説を網羅した心理学辞典。
多くの大学院入試で心理学用語説明の問題が出題される中、この辞典は対策としてまさに打ってつけの書籍になるでしょう。専門科目試験に臨むならば、この辞典で説明されていることは一通り身に付けておきたいところですね。


DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

出版社:医学書院
価格:¥4,860
オススメ度:★★★★★
紹介:アメリカ精神医学会が発行している「精神障害の診断と統計マニュアル」(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)の第5版。19年ぶりのDSM-5への改訂に準じて、本書は各精神疾患の診断基準だけを抜粋してまとめた内容になっています。精神科医が患者の精神医学的問題を診断する際の指針を示したものであり、臨床心理学や精神医学の概念の中には本書に準拠する部分もあるので、1冊手元に置いておくと重宝するでしょう。もちろん臨床心理士指定大学院の入試対策としても必須です。


心理学 第5版

出版社:東京大学出版会
価格:¥2,592
オススメ度:★★★★★
紹介:『心理学』の続編に当たり、認知・心理・臨床・社会から心理学史まで、各領域の第一人者を執筆人に迎え、内容の質の高さで安定した評価を得てきたテキストの全面改訂第4版。新しくコラムや節を追加しつつ、図や写真の多くが新たに描き直しされるものの、従来の見やすさは維持している良書です。心理学部の教科書としても使われることが多く、基礎的な心理学の概要をつかむなら、この本がおすすめです。


心理学

著者:無藤隆 他
出版社:有斐閣
価格:¥3,996
オススメ度:★★★★★
紹介:海外の書籍にひけを取らないほど、図表等を用いた詳細な説明で心理学を解説しています。心理学を基礎から学びたい人や教養本としても読むことができる心理学概論書。


臨床心理学

著者:丹野義彦 他
出版社:有斐閣
価格:¥4,212
オススメ度:★★★★★
紹介:臨床心理学の基礎から実践的な理論まで解説した本格的な概説書。DSM-5に準拠した内容になっている日本発の概論書テキストとして重宝するでしょう。


新・心理学の基礎知識

著者:中島義明 他
出版社:有斐閣
価格:¥3,888
オススメ度:★★★★★
紹介:最新の心理学の動向に基づいて研究者が一問一答式で解説を進める心理学の解説書。心理学の基本的な用語や考え方を事例を交えてわかりやすく説明しており、大学・大学院受験にも役立つ一冊となっています。


よくわかる臨床心理学

出版社:ミネルヴァ書房
価格:¥3,240
オススメ度:★★★★★
紹介:臨床心理学のあらゆる分野を網羅的にまとめているスタンダードな一冊。大学院入試の専門科目試験対策として知識の整理用に適しています。もちろん臨床心理士をめざす学部生の勉強用、大学院の初年度などでも活用できるなど、末永くつきあえる一冊となるでしょう。


よくわかる臨床発達心理学

出版社:ミネルヴァ書房
価格:¥3,024
オススメ度:★★★★★
紹介:臨床発達心理学の基礎的な知識や概念を整理するのにおすすめの一冊。


臨床心理学 頻出キーワード&キーパーソン事典

出版社:ナツメ社
価格:¥2,160
オススメ度:★★★★★
紹介:臨床心理学や基礎心理学のテクニカルタームや、重要な心理学者がコンパクトにまとめられています。ただし、最低限の内容をまとめたものなので、この1冊だけで論述問題に完全対応できるというわけではありません。しかし、こまめに調べるには便利であると言えるでしょう。臨床心理士指定大学院の入試だけでなく、臨床心理士資格試験対策としても使える一冊です。


臨床心理学キーワード

著者:坂野雄二
出版社:有斐閣
価格:¥1,944
オススメ度:★★★★
紹介:臨床心理学の基礎理論、治療法、研究法や最近の研究の課題に 至るまでをカバーした書籍。110のキーワードをそれぞれ数ページかけて説明されていて、巻末には基礎用語や人名の解説が掲載されていますので、辞書的な役割も果たしてくれるでしょう。


勝つための論文の書き方

著者:鹿島茂
出版社:文藝春秋
価格:¥756
オススメ度:★★★★★
紹介:論文の書き方について問題の立て方から本論における展開の仕方まで丁寧に解説されています。専門科目の論述試験対策にも役立つだろうし、大学院入学後の論文作成の際も非常に重宝しそうな一冊。論述や論文の書き方が分からない方はぜひ手元に置いて欲きましょう。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。