入試対策に役立つ心理英語書籍

臨床心理士指定大学院の英語入試の対策として役立つ書籍や参考書を紹介しています。

english_02

著者:Rita L. Atkinson 他
出版社:センゲージ・ラーニング
価格:¥7,384
オススメ度:★★★★★
紹介:『ヒルガードの心理学』の原書。世界的に用いられているこの学術書は 日本の多くの大学の心理学部の教科書として用いられています。 英語の難易度もそれほど高くないので、邦訳版と比較しながら勉強すれば、臨床心理士指定大学院の英語入試対策として優れた力を発揮することでしょう。
また、邦訳版では著作権の関係から掲載できなかった図表も多数掲載されていますので、心理学の知識について、より専門的に理解を深めることができるでしょう。


ヒルガードの心理学

著者:リタ・L アトキンソン 他
出版社:金剛出版
価格:¥23,760
オススメ度:★★★★★
紹介:世界各国で出版されている Hilgard’s Introduction to Psychology の邦訳版。心理学のあらゆる分野を網羅しています。巻末の心理用語解説もかなりの充実度で、テクニカルタームを調べたい時などに最適です。少し値ははりますが、買って損はないぐらいの臨床心理士指定大学院の専門科目の入試対策はこの1冊あれば万全。入学後の教科書や辞書としても大いに役立ちます。コンテンツは次の通りです。
第1部:人間と科学的努力としての心理学
第2部:生物学的・発達過程
第3部:意識と知覚
第4部:学習、記憶、思考
第5部:動機づけと感情 
第6部:人格と個性
第7部:ストレス、精神病理、治療
第8部:社会的行動


心理学辞典

出版社:有斐閣
価格:¥7,344
オススメ度:★★★★★
紹介:心理学の全領域に関する用語や人名の解説を網羅した心理学辞典。
多くの大学院入試で心理学用語説明の問題が出題される中、この辞典は 対策としてまさに打ってつけの書籍になるでしょう。専門科目試験に臨むならば、この辞典で説明されていることは 一通り身に付けておきたいところですね。


Understand Psychology

出版社:Understand Psychology: Teach Yourself
価格:¥1,739
オススメ度:★★★★★
紹介:Hilgard’s Introduction to Psychology に並んで 有名な心理学の概論書の1つ。平易な英文で書かれているので、自分の専門分野の理解を深めるにも、専門外の内容を学ぶにも ピッタリの1冊となっています。


心理院単

出版社:ナツメ社
価格:¥1,944
オススメ度:★★★★★
紹介:心理学系の英文で使用される語句をまとめた英単語集。過去問を分析し、受験に特化した英単語のみを掲載しています。しかも、分野別に出現頻度順に取り上げているので、優先的に覚えるべき単語が把握できます。心理学用語だけでなく一般用語も含まれているので、入試に役立つこと間違いないでしょう。


英←→和心理学用語集

出版社:培風館
価格:¥1,620
オススメ度:★★★★
紹介:心理学の専門用語を日本語だけではなく英語で理解できるようになることを目的に編集された用語集。基礎心理学の用語を中心に選定されています。レイアウトは簡素ですが、心理学用語は約2700語、人名は約300語とかなりの収録語数と言えます。


臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&キーワード100 心理英語編

出版社:講談社
価格:¥2,700
オススメ度:★★★★
紹介:多数の心理系英文とその対訳を収録している。英文で使われているテクニカルタームの解説はあるが、構文や文法事項、和訳の仕方の説明はない。心理系英文に慣れるという意味ではおすすめの1冊と言えるが、これ1冊で大学院合格に必要な英語力を身に付けるのは難しいかもしれない。


1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール

出版社:KADOKAWA/中経出版
価格:¥1,512
オススメ度:★★★★★
紹介:大学院入試対策の英語講座の10,000枚もの答案指導から見えてきた受験生の共通の弱点を整理し、文法・語法を中心に29の英文読解のコツをまとめた一冊。英文読解ができなければ、その先の和訳も要約もできません。一文が長くなると英文構造が分からなくなる方や、過去問をやってみて長文問題が時間内に終わらない方は一読すると、読解スピードと精度が上がることでしょう。

臨床心理士大学院合格の秘訣は無料メルマガで

臨床心理士指定大学院の7つの攻略法

これから臨床心理士を目指す方、受験勉強を始めている方を対象とした無料のメールセミナーです。登録した日から7日間にわたって、志望校の決め方や試験科目(英語・専門科目・研究計画書)の対策についてお教えします。
下記の登録フォームから必要項目を登録ください。すぐに1日目の対策メルマガ「その志望校大丈夫?」をお届けします。
7日間のカリキュラムについては無料のメールセミナーの詳細でご確認ください。


臨床心理士大学院の7つの攻略法
メールアドレス (必須)
(必須)
(必須)

臨床心理士指定大学院の入試問題に完全対応した通信講座

臨床心理士指定大学院 入試対策講座

臨床心理士指定大学院の英語入試や専門科目入試では和訳問題や論述問題が必ず出題されます。しかし、心理系英文の和訳や専門用語の論述を独学でこなすのはかなり難しいもの。
当社の添削講座では過去問を分析し、頻出の問題ばかりを厳選。さらに初学者でも分かりやすい解答・解説とプロの指導者によるマンツーマンで添削指導で、3ヶ月後には『合格できる答案』が作れるようになります。第3者にチェックしてもらうことで、独学の不安もなくなり、志望校の合格レベルまで英語力論述力が飛躍的にアップします。

添削講座に興味のある方にはパンフレットを無料でお届けしております。
パンフレットには講座のカリキュラム、学習サイクルなどが詳細に記載されていますので、講座の中身を具体的にイメージしていただけるはずです。
パンフレットは資料請求ページから受け付けております。